住宅ローン減税(その2)

前回に続き「住宅ローン減税」2回目です。
前回は「住宅ローン減税」の控除額について主にお話しま
したが、今回は「住宅ローン減税」を受けるための条件
ついてお話します。
代表的なものは・・・
1・返済期間が10年以上の住宅ローンで年末に残債が
  あること。
2・住宅を取得または増改築等をした日から6ヶ月以内
  に住み、その年の12月31日まで居住していること。
3・控除を受ける年の合計所得が3000万円以下である
  こと。
・・・などです。
ここで注意点ですが、住宅と共に取得した土地も控除の
対象になりますが、土地取得後2年以内に住宅を新築
6ヶ月以内に入居しなければなりません。
入居日については、住民票を移転する場合は移転した日
住民票を移転しない場合は建物を登記した日になります。
次に「住宅ローン減税」が受けられる住宅の条件について
お話します。
1・住宅の床面積が50㎡以上あること。
2・住宅の1/2以上が居住用であること。
  (※居住用の部分だけが控除の対象)
3・中古住宅の場合、基本的に築年数が20年以内
  (耐火建築物は25年)
であること。
4・増改築の場合は工事費用が100万円を超えるもので、
  大規模な修繕・模様替えであること。
  (増改築後の床面積が50㎡以上あること)
・・・などです。
全然難しい条件じゃないでしょっ♪
一部他に大きな軽減を受ける場合は、「住宅ローン減税」と
併用できない場合
がありますから気を付けて下さい。
最後に・・・
「住宅ローン減税」を受けるためには確定申告が必要です!
(ただし、サラリーマンの場合は2年目以降は年末調整)
住宅を取得した年の翌年の2月1日から3月15日までに
税務署にて確定申告すれば、前回ご紹介した夢のような
所得税の控除額が返って来る
のです!
前回もご紹介して繰り返しになりますが、「住宅ローン減税」
は平成20年12月31日で終了予定
です(悲)
そしてさらにっ!
今年より来年のほうが減税額が減ってしまいます(涙)
不動産購入をお考えの方は、良い物件があればご決断は早いに
こしたことはありません。
ぜひ「安田新聞BLOG」にて良い物件をみつけて、ご相談、
ご検討下さい(笑)
ブログに載せきれていない優良物件もございますので、
ぜひ安田までお気軽にお問い合わせ下さい。

人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックで応援して下さぁ~い!

フォロー大歓迎の安田新聞Twitterはコチラから・・・

22. 8月 2007 by 安田新聞
Categories: 住宅ローン控除 | Tags: , , , , , , | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *