住宅ローン申し込み時の個人信用情報の収集

金融機関に住宅ローンを申し込むと、必ず個人情報の収集に同意を求められて調査されます。
早い話が、申込人がブラックリストになっていないか金融機関に調べられるのです。
危険な人には融資できません。
金融機関が融資の審査をするにあたって当然ですね。
ではそれはどういった機関で調査するかというと、いくつかあるのですが代表的なものをご紹介すると、
全国銀行個人信用情報センター(KSC)(株)シーシービー(CCB)(株)シーアイシー(CIC)(株)テラネット等々・・・。
KSCは読んで字のごとくですが銀行系が加盟していますし、CICやテラネットなどは信販会社やクレジット会社が加盟して運営されております。
そしてこれらの信用情報機関はネットワークで情報の交流をしています。
ですから一つの信用情報機関に情報が登録をされると、他の信用情報機関にもその情報がまわるのです。
これによってお金を貸す側が、過剰貸し付けや多重債務者の発生を防止するのです。
話を戻しますが、これらの信用情報機関に金融機関が照会をして調査されるのです。
どんな事がこの信用情報機関に登録されるかというと、先程ブラックリストになっていないか調査されるという大きな括りでお話をしましたが、実際は破産情報だけでなく、ローンやクレジットカード等の契約内容とその返済状況・その契約の延滞・代位弁済・強制回収手続きの事実なども情報機関に登録されるので、借金を踏み倒してなければOKという問題ではありません。
お客様の中には過去のローンやクレジットを全額返済したから問題ないと思って住宅ローンを申し込んでも、その過去のローンで延滞や代位返済の事実が登録されていると、住宅ローンの審査結果「NO」で返ってきます(涙)
ち・・・な・・・み・・・に・・・、
もっと厳しいお話をしますが、一般的な銀行さんなどはいわゆる消費者金融系の借入情報が出てきただけで(それが延滞や踏み倒しをしてなくてキッチリ返済をしていても)住宅ローンの審査結果は「NO」で返ってきます。
もっと言います・・・(涙)
すでにその消費者金融系の借り入れが全額返済済みでも、過去に利用したことがあるという事実があるだけで審査結果は「NO」で返ってきます。
ひどい話です・・・。
偏見以外の何物でもないと私は思いますが。
これが事実なんです。
では、そういった人たちは一生住宅ローンが組めないかと言うとそうではありません。
先程お話した個人信用情報は登録期間が定められています。
破産などの情報は10年以内、ローンやクレジットカード等の契約内容とその返済状況・その契約の延滞・代位弁済・強制回収手続きの事実などは5年以内となっています
この期間が過ぎれば自動的に削除されます。
よく自己破産した人は10年ぐらいは借入出来ないというのはこのことです。
期間が過ぎてしまえばまったく問題ないのです。
住宅ローンを申し込んで審査結果が「減額」ではなくいわゆる「ゼロ回答」だった場合は、まず個人信用情報に問題があるのではないか疑ってください。
ちなみに本人が本人確認できる書類(運転免許証など)を持って信用情報機関に直接行けば、個人信用情報の開示を申し込むことができます。
お忙しい方は、郵送のやり取りでも出来るそうです。
自分の情報の開示を受ければ、その情報の登録された日付もわかりますから、いつその情報が削除されるのかもわかります。
ごく稀に、本当に自分に身に覚えのない情報が間違って登録されていることもあるそうです(怖)
誕生日が同じ同姓同名とかで・・・。
そんな場合は情報の修正もできるそうです。
豆・・・知・・・識・・・
過去5年以内に消費者金融系での借入実績がある方は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)のフラット35をお勧めします。
こちらは延滞や破産などのローン事故の情報が登録されていなければ、現在消費者金融系の債務を抱えていても、それらのご返済と住宅ローンのご返済を合わせた年間の返済比率が規定内に収まっていればOKだそうです。
検討してみてください。

人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックで応援して下さぁ~い!

フォロー大歓迎の安田新聞Twitterはコチラから・・・

26. 3月 2008 by 安田新聞
Categories: 個人信用情報機関 | Tags: , , , , , , | 1 comment

One Comment

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    要はそんな所から お金を借りず身の丈に合った生活をしろってことだすね。

Leave a Reply

Required fields are marked *