値引き交渉

今日は「値引き交渉」についてお話します。
どんな販売でもつきものかも知れません。
私たち不動産業界でも必ずと言って良いほどお話があります。
ただ通常の販売業と違うのは、実際に値引きをするのは
頼まれた私たちではなくて、その物件を持っている売主様
なのです。
私たちはあくまでもその間に入る仲介業なのです。
当然、買主様からの値引き交渉を依頼されれば売主様に
交渉するのも、私たちにとって大事な仕事のひとつです。
ただ・・・
気を付けて頂きたいのは、「とりあえず値引き交渉」
お受けできないのです(涙)
要するに・・・
「買うか買わないかわからないけど安くなりませんか?」
・・・では交渉できないのです。
売主様の立場に立てば、値引きしても買わないかもしれない
お客様に値引きするわけがありません。
足元を見られることになりますよね・・・。
(稀に、よっぽどお金に困っていて早く売りたくて応じる
場合もありますが・・・)
そんな状態で安易に値引き交渉に応じれば、もし買って
頂けなかった場合、もう元の金額では販売できなくなるからです。
では、どうすれば良いのか?
まず購入の意志を固めることが先決です!
「この物件が○○万円に安くしていただけるなら必ず
買います」

・・・という所まで意思を固めて交渉開始です。
その意思確認のため私たち営業は、「購入申込書」
書いていただいています。
逆に言うと、意思を固めて申込書を書いても、申し込んだ
金額に値引きしていただけなければ買う必要がないのです。
値引き交渉は真剣勝負です。
買主様が真剣になっていただけないと、売主様も真剣に
なっていただけません!

私たち営業も買主様のために必死で売主様に交渉するんです!
ですから安易な「とりあえず値引き交渉」では売主様を
説得することが出来ないのです。
ちょっと厳しい表現になってしまいましたが、買主様が1円
でも安く買いたいのは当然です。
その逆に売主様も1円でも高く売りたいのです。
売主様のその気持ちを打ち崩すには、買主様の
「この物件がどうしても欲しいんです!!」
・・・という気持ちが一番大事なのです!
仲介に入る私たち営業も、その気持ちで交渉に力が入ります。
私たちの腕の見せ所でもあります。
ちなみに・・・
値引き交渉自体が困難な物件もあります・・・。
例えば、とても人気物件で申し込みが何件も重なるような
物件
の場合は交渉自体がほとんどできません。
売主様にしてみれば満額で買っていただける人がいれば、
その人に売ってしますからです。
それから、区画数が何区画もある宅地造成地も交渉が厳しい
です。
1区画値引きすると、すべての区画を値引きしなければ
いけなくなるからです。
仮に1区画だけ値引きに応じて、他の区画を値引きしなかった
ことが後でバレれば、売主様の信用に関わるからです。
以上、値引き交渉に関して色々書きましたが、私たちの仕事は
お客様の意向にどれだけ応えられるかが勝負です。
ただ残念なことに出来ないことは出来ないとはっきり申し上
げることも大事な仕事です。

最初から出来ないことがわかっていて、お客様に期待を持た
せることは、お客様にご迷惑をおかけします。
これからもお客様のお役に立てる、「誠実で正直な営業マン」
を心がけて頑張りたいと思います。

人気ブログランキングへ
↑1日1回クリックで応援して下さぁ~い!

フォロー大歓迎の安田新聞Twitterはコチラから・・・

28. 8月 2007 by 安田新聞
Categories: 値引き交渉 | Tags: , , , | 4 comments

Comments (4)

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いいこと言うな~(涙)。
    さすが、パパですね~(笑)。
    価格の交渉の部分は、まさに真剣勝負ですからね。
    参考にさせていただきますよ。
    またいろいろ教えてくださいね、先輩。

  2. SECRET: 0
    PASS: 57df866c420155f2e6b3aca5a5ca7963
    値引き交渉には、ドラマがあるんですね。

  3. SECRET: 0
    PASS: f02afb32a932974ff37213a4d17755bf
    ジョニーさんには勝てませんよ~。
    これからも営業指南よろしくお願いします。

  4. SECRET: 0
    PASS: f02afb32a932974ff37213a4d17755bf
    そうなんです!
    結構ドロドロのドラマかも・・・(笑)

Leave a Reply

Required fields are marked *